スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万引き「高齢者」増える、景気低迷?食品中心(読売新聞)

 香川県内でここ数年、高齢者の万引きが目立っている。

 2009年に検挙された65歳以上は397人で、最近5年間で最多。全検挙人数の3割を占めた。嗜好(しこう)品を狙う若者と違い、多いのはスーパーマーケットで、おかずや缶詰など食料品を盗むケース。長引く景気低迷で高齢者が追い詰められている可能性があり、県警は動機を含めて背景の分析を進める。

 県警のまとめによると、昨年の万引き認知件数は1636件。人口1000人あたりだと1・61件で全国平均の1・18件を大きく上回り、03年から7年連続で全国ワースト1位となった。

 検挙された1365人のうち、65歳以上は29%で、14~19歳355人(26%)を上回った。

 65歳以上の検挙は、05年には385人で、496人の14~19歳を下回っていたが、07年は390人で、376人だった14~19歳と逆転した。

 今年4月にも、高松市内のスーパーで69歳の男が菓子など3点計305円相当を、三豊市内のスーパーで66歳の男が缶詰など6点計1460円相当をそれぞれ盗んだ容疑で現行犯逮捕された。ある量販店の広報担当者は「見つけて聞くと『節約したかった』と打ち明ける人もいる」という。

 県警は「遊び半分で犯行に及ぶ若者と違い、高齢者は生活に困って商品に手を出す場合もあれば、所持金を持っているのに盗む場合もある」と当惑。今後は動機面を聞き取った上で、対策を検討するとしている。

鳩山氏は「不起訴相当」偽装献金事件で検審が議決(産経新聞)
道路料金、全面見直しに否定的=平野官房長官(時事通信)
<殺人>81歳母殺害容疑、長女逮捕へ 介護疲れか 東京(毎日新聞)
皇太子さまが平城宮跡で式典ご出席(産経新聞)
病気早期診断のバイオセンサー技術開発 富士通研究所(産経新聞)
スポンサーサイト

「酒を飲みながら運転」70歳男を現行犯逮捕(読売新聞)

 山形署は18日、山形市双月町、自営業上田一夫容疑者(70)を道交法違反(酒気帯び)容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、上田容疑者は18日午前10時頃、同市緑町の市道で、酒気を帯びた状態で軽ワゴン車を運転した疑い。

 上田容疑者がガードレールに衝突する物損事故を起こし、駆けつけた同署員が酒のにおいがしたため飲酒検知を行い発覚した。

 車内から、飲みかけの缶ビールや焼酎が見つかっており、上田容疑者は「(酒を)飲みながら運転していた。家に帰る途中だった」などと供述している。

<無賃乗車>JR東海社員が近鉄線で…IC乗車券の記録消す(毎日新聞)
昨年度の教員懲戒処分は37件 大阪府教委(産経新聞)
警部補「実績上げたい」盗難捜査書類うそ記載、停職(産経新聞)
27日から「特別展 龍馬伝」江戸東京博物館(産経新聞)
“緑藻”からバイオ燃料 筑波大大学院教授・渡邉信さん(産経新聞)

新築住宅の省エネ義務化=エコポイント拡充も-国交、経産両省(時事通信)

 国土交通、経済産業の両省は16日、住宅や建築物の省エネルギー促進策を強化すると発表した。新築住宅などに関しては、現在は努力目標とされている省エネ基準への適合を義務化。3月に開始した「住宅版エコポイント制度」の拡充も検討する。地球温暖化対策として、一般家庭などの二酸化炭素(CO2)排出削減を後押しする。
 前原誠司国交相は同日の閣議後記者会見で、「住宅市場の活性化にもつなげたい」と狙いを説明。省エネ性能の高い住宅の新築や改修に与えられるエコポイントについて、太陽光発電パネルや給湯設備を対象に加えることなどを検討する考えを示した。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ リコール問題
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

客待ちで口論 客乗せたまま相手のタクシー運転手引きずる(産経新聞)
<強風>東北、北海道で被害 秋田では屋根から転落死も(毎日新聞)
海自機に速射砲の照準=中国海軍の駆逐艦、東シナ海で-関係筋(時事通信)
1Q84 「BOOK3」16日に発売 フィーバー再燃か(毎日新聞)
<石原都知事>新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)

永田町で「八方ふさがり」の舛添氏 人気者との連携に活路を求めたが…(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相(61)が、「地方分権」をテーマに橋下徹大阪府知事(40)や東国原英夫宮崎県知事(52)との連携を模索し始めた。党執行部批判を繰り返し、党内で勉強会を立ち上げるなど、「ポスト谷垣」と新党結成の両にらみで存在感を高めようとしてきたが、今回の動きの裏には、永田町での不人気により「八方ふさがり」に陥った現状を打破するため、人気のある地方自治体の首長と連携したいという舛添氏の思惑が透けてみえる。

 「地方の活性化で橋下さんも東国原さんも一生懸命がんばっている。こういう人の声を聞いてよりよい政策を作るのが国会議員の本道だ」

 14日、国会内で記者団の取材に応じた舛添氏は、橋下、東国原両氏との連携の意義をこう説明するとともに15日に東国原氏と協議することを明らかにした。

 その上で、両氏との連携は「政策面」でのものだと繰り返し強調、新党結成には「あらゆる可能性はすべてオープンだ。まったく白紙だ」と、今回もお茶を濁した。

 舛添氏は14日夕には静岡市内で開かれた自民党参院議員の会合に出席し、法人税率引き下げなどを大阪が独自に行える「大阪独立国構想」を発表した。しかし、ここでも「新党結成を宣言するんじゃないか、とたくさんのメディアが集まっている」と新党に関する話題をふりながら、核心に迫る発言は避けた。

 舛添氏が各種世論調査で「ポスト鳩山」の最有力に挙げられるのには、学者時代からの知名度に加え、厚生労働相時代に年金記録問題や新型インフルエンザの対応で奔走した姿や党執行部を批判する歯にきぬ着せぬ言動が理由にある。こうした人気を背景に、政界での「下働きをしない」「汗をかかない」という厳しい評価をはねのけ、自民党執行部の刷新を訴えたり、新党結成の可能性を探ったりして首相の座をねらう作戦だったとみられる。

 同時に、党内で昨年末に落選議員らを集めた「舛添政治カレッジ」、今年2月には勉強会「経済戦略研究会」を相次ぎ発足し、地歩を固めようとしてきた。

 しかし、執行部が国会議員を対象に開いた会合に欠席し、選対本部長代理の打診を拒否し、党内での評価はさらに低下傾向にある。参院選前に新党を結成するには公職選挙法の関係から5月2日までの届け出が必要だが、資金がない上に「だれも本気で舛添氏を担いで支えようとはしない」(党幹部)中で同志を探すのも難しそうだ。

 党内では、橋下氏らとの連携は、同氏らの人気も利用するねらいだとの見方がある。自民党の石破茂政調会長は14日、「党内での議論に参加せず、東国原氏や橋下氏と議論するのは政党人としてどうか」と苦言を呈した。

 また、橋下氏は地域政党「大阪維新の会」の結成に集中している。東国原氏も14日、現時点での新党結成を否定。舛添氏の新たな「活路」も暗雲が立ちこめている。

 「政局も何も関係ない。ただテレビに映るためにやっているだけのことだ」

 民主党の渡部恒三元衆院副議長は、舛添氏の動きをこう皮肉ってみせた。

【関連記事】
「政党内で議論しないのは違和感」石破氏、舛添氏に不快感
「東国原、橋下氏とは政策連携」舛添氏、新党にも含み 15日会談へ
舛添氏、15日に東国原知事と会談 参院選で連携か
舛添氏“自民乗っ取り”へ5月決起も、党内では不人気!?
自民党新体制 「舛添氏待望論」に応えよ
外国人地方参政権問題に一石

<ライター>火災対策会議招集へ 火遊び原因相次ぎ(毎日新聞)
逆流防ぎ、エネルギー効率生産=細胞内の酵素、新薬に応用も-兵庫県立大(時事通信)
<大学入試センター>民営化検討の考え示す…枝野担当相(毎日新聞)
キリスト教会また“消火器テロ” 関西でプロテスタントばかり(産経新聞)
公約修正を提案=「政治主導」に疑問-21世紀臨調(時事通信)

世界一参加者の多いかくれんぼ、ギネス認定(読売新聞)

 ギネスワールドレコーズ社(英国)から複数の「世界一」認定を受けている滋賀県彦根市尾末町、ピアノ講師寺村邦子さん(54)が企画した「世界一参加者の多いかくれんぼ」が4日、同市日夏町の荒神山公園で行われ、見事に目標を達成した。

 かくれんぼの認定は初めてのため、同社は100人以上が1時間続ければ世界一とした。鬼が最初の5分間で隠れた参加者を探し、参加者はそのすきに鬼に見つからないよう、「ホーム」と呼ばれる安全地帯に走り込むことができればセーフというルール。

 快晴の下、2歳から70歳代までの188人が参加。笑顔を見せながら1時間で3セットのかくれんぼを繰り返して世界一を達成し、立ち合った同社認定員から認定証を受けた。

 彦根東高からは同校キャラクターの「ぎんにゃん」も参加。ぎんにゃんは緩い表情ながら鬼のすきをついてホームに駆け込むなどの活躍を見せ、子どもたちの歓声を浴びていた。

 家族6人で参加し、最初の鬼を務めた長浜市の会社員塚田恭成さん(41)は「楽しかった。けが人もなくて良かった」と満足そう。寺村さんは「初めての記録が彦根から出てうれしい。来年も世界一に挑戦したい」と喜んでいた。

「反民主」平沼新党、きょう夕に結成会見(読売新聞)
放火容疑で元社員再逮捕=外装会社元役員の車燃やす-警視庁(時事通信)
<B型肝炎訴訟>原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)
両親海外、子が寮は不支給=子ども手当、家庭環境で左右-厚労省(時事通信)
山崎直子宇宙飛行士 コンテナ移設で若田さん「仕事満点」(毎日新聞)

レイテ沖海戦“謎のUターン” 栗田中将の名誉回復を 最後の兵学校生徒が著書(産経新聞)

 ■「歴史見直すきっかけに」

 史上最大の海戦といわれたレイテ沖海戦(昭和19年10月)をめぐり、主力艦隊を率いながら“謎のUターン”で勝機を逸したと批評された栗田健男中将(1889~1977年)の名誉回復を図ろうと、栗田氏が校長を務めた海軍兵学校最後の生徒だった戦史研究家、大岡次郎さん(80)=大阪市阿倍野区=が、関係者の証言などをもとにした著書「正説レイテ沖の栗田艦隊」(新風書房刊)が完成した。同海戦の評価をめぐっては諸説あるが、戦後65年の節目に大岡さんは「歴史を見つめ直すきっかけになれば」と話している。

 栗田氏は、連合艦隊の戦隊司令官としてミッドウェー海戦(昭和17年)やガダルカナル・ヘンダーソン基地砲撃(同)などに参加。艦隊司令長官としてレイテ沖海戦に加わった後、20年1月から終戦まで、最後の海軍兵学校校長を務めた。

 レイテ沖海戦は、劣勢に立った日本の起死回生策として企図され、本土から南下した空母部隊が米軍の正規空母部隊を北へ誘い出したすきに、栗田艦隊がレイテ湾に突入する作戦だった。ところが、栗田艦隊はレイテ湾近くまで南進したものの、突入せず北へ反転。このことが戦後“謎のUターン”と呼ばれ、「敵前逃亡だった」などと激しい批判を浴びた。

 反転の根拠となったのは、南進中の栗田艦隊に飛び込んだ「北約100キロに敵空母部隊がいる」という内容の電報だったとされる。だが、この内容は虚報だったことが戦後判明。打電元はわからないままで、「退却のために栗田艦隊司令部が電報をでっち上げた」とも非難された。

 栗田氏を敬う大岡さんは、栗田氏が昭和42年、東京から関西へ移り住んだのを機に、兵学校の同期生とともに以降数十回にわたり自宅を訪問。無口で有名で、兵学校入校の日に「弁解はするな」と海軍軍人の鉄則をしつけた栗田氏が、訥々(とつとつ)と話すのを聞くとともに、海戦に参加した十数人の将校からも証言を取った。

 著書では、栗田氏がレイテ出撃にあたり、「敵主力部隊撃滅の好機あれば、乾坤一擲(けんこんいってき)の決戦を断行する」と訓示していたことを紹介。“謎のUターン”についても、栗田氏自身から「強い敵のいるほうへ行くのは当たり前だ」と聞いたことなどにふれ、「Uターンは強敵である空母部隊(敵の正規部隊)を求めての行動で、謎でも何でもない。栗田中将の考えは、最初から一貫して変わらなかった」と結論づけている。

 大岡さんらは生前の栗田氏から「ほかの誰にも許さないが、お前たちだけには許す」と自身の伝記を書くように言われ、以来約40年間にわたり、構想を温めてきた。“謎のUターン”の評価については諸説あるが、大岡さんは「私がいなくなったら、真実が誰にも知られなくなってしまう。戦争を知らない若い人たちにもぜひ読んでもらいたい」と話している。

 「正説レイテ沖の栗田艦隊」は、大岡さんの海軍兵学校入校から65年となる4月3日に発売される。四六判422ページで税別2千円。問い合わせは新風書房(TEL06・6768・4600)へ。

                   ◇

【用語解説】レイテ沖海戦

 昭和19年10月23~26日にフィリピン・レイテ島周辺海域で繰り広げられた日米両軍の大規模海戦。米側はフィリピン上陸と奪還、日本側はその阻止と、南方からの戦略物資の輸送経路確保を目指した。日本海軍の連合艦隊が総力を挙げて戦ったが、空母をすべて失うなど壊滅的打撃を受けた。神風特別攻撃隊が初めて出撃した戦闘としても知られる。

線路に転落した男性救助、会社員2人に感謝状(読売新聞)
校長ら2人略式起訴 東京・杉並区立小の天窓転落死(産経新聞)
雑記帳 西原理恵子さんと少女漫画の大御所が「画力対決」(毎日新聞)
ラグビー元日本代表、鎌倉駅で転落死(読売新聞)
中国電社長、知事らに謝罪=島根原発の点検漏れ問題(時事通信)

<認知症予防財団>東京で設立20年パーティー(毎日新聞)

 財団法人「認知症予防財団」(大友英一会長)の設立20周年記念パーティーが30日、東京都千代田区の学士会館で開かれ、関係者約120人が出席した。

 財団理事長の朝比奈豊・毎日新聞社社長が「認知症への偏見はなくなりつつあるが、安心して生きていける社会づくりが大切だ」とあいさつし、来賓の宮島俊彦・厚生労働省老健局長は「患者を社会の総合力で何とかしていかないと」と述べた。竹嶋康弘・日本医師会副会長、中島紀恵子・日本看護協会看護教育研究センター長らもあいさつし、アルツハイマー治療のワクチンを開発している田平武・順天堂大大学院教授は「治療薬ですべて解決するわけではない。根絶するまでがんばりましょう」と呼びかけた。大久保満男・日本歯科医師会会長や久常節子・日本看護協会会長のほか高橋裕・アメリカンファミリー生命保険広報宣伝部長らも出席した。財団ではシンポジウム開催や無料電話相談などを続け、09年にぼけ予防協会から名称変更をした。

【関連ニュース】
【新刊本】『医療崩壊 医師の主張』=唐澤祥人・著
新型インフルエンザ:ワクチン3万回分余る 県医師会、国に買い取り要望 /山口
看護師:現場復帰を支援 離職者38人、防府の専門学校で研修会 /山口
時のひと:4月から県医師会長に就任する、金井忠男さん /埼玉

普天間で小沢氏「首相も県外移設、約束した感じ」(読売新聞)
<普天間移設>政府案「複数も」…鳩山首相(毎日新聞)
退職後に競合会社、元の顧客から受注は「自由競争の範囲」 最高裁(産経新聞)
熊本市長に政調費返還請求命じる=市議に交付の478万円-熊本地裁(時事通信)
リアルな設備で運転士体験=鉄道博物館に新シミュレーター-さいたま(時事通信)
プロフィール

なぐもけんいち

Author:なぐもけんいち
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。